2019年 平成31年 上半期

2月10日 重油被害


今日は若松かねしげ参議院議員と一緒に、先日貨物船から流出した重油で海苔養殖に被害が広がった七ヶ浜へ。
県漁協七ヶ浜支所で関係者から事故による現状を伺い、行政からの支援についてご要望を受けました。
七ヶ浜の海苔は毎年のように皇室に献上されるブランド品ですが、コールタールのようなC重油が付いてしまい、今期の生産を全面的に中止せざるを得ない状況に追い込まれたとのことです。
組合員と従業員約60人の生活支援や、産業廃棄物の撤去費用の負担軽減など、対応すべき課題は多くあります。

国際港湾の数キロ近海で海苔やワカメ等の養殖が盛んな仙台湾、今後類似の事故が再発しないよう対策が必要と思っています。

2月8日 感謝 御礼 勉強


今日で56才になりました。
多くのみなさまからお祝いのメッセージや、励ましのお言葉を頂き感謝の思いで一杯です!本当にありがとうございます。m(_ _)m
誕生日の今日は朝イチで東京へ。
国土交通省の水嶋海事局長に面会し、海事観光の概要を教えて頂いた他、寺田審議官(鉄道局担当)と意見交換。また蔵持交通計画課長と久しぶりにお会いして、ITを活用した地域交通の次世代型事業についてお話を伺いました。
さらに観光庁の英観光資源課長、公益社団法人日本観光振興協会の久保理事長に面会し、広域観光の重要性に関して示唆に富むご意見をお聞かせ頂く事ができまし、大手エアラインの本社でインバウンドの最前線について意見交換もできました。
ハードかつ有意義な誕生日となりました。

2月4日 ものづくりの魂


今日は桜田せいこ石巻市議のご案内で、ヤグチ電子工業様と北里大学視覚機能療法学の半田教授をお連れし、村井県知事を訪ねて共同開発された「オクルパット」のプレゼンを致しました。
オクルパットは主に子供の弱視治療向けに開発された医療器具で、iPadをもとに製作されたものですが、特別なサングラスを掛けてオクルパットでゲームを楽しみながら、弱視を矯正、治療する優れもの。既に多くの医療機関で導入され大きな成果を挙げています。
同社は経産省のものづくり大賞や、東北ニュービジネス大賞を受賞している「ものづくり集団」です。こうした宝が県内で商いをされているのですから、しっかりと支えていきたいと思います。

2月2日 GO


党本部で行われた全国代表協議会に出席。
統一地方選挙、参院選そして東北の復興選挙へ出陣しました!

1月31日 逃げない


総務企画委員会の県外調査3日目は、沖縄県議会に伺い防災対策について調査。
台風が多発する沖縄では、台風が近づくと水族館や首里城など、有名な観光スポットは事前に閉館し、国内外の観光客がむやみに出歩かないよう対処しているようですし、交通機関や高速道路、レンタカー等も6時間前を目処に閉鎖・停止体制に入るのだそうです。
また市民は出勤・通学を控えて家から出ないで、台風が過ぎるまではじっとしているのが染み込んでいるとのこと。
防災・減災といっても地域によって手法が全く異なる事を実感しました。

1月29日 トイレから見る生活


今日は総務企画委員会の視察で北九州市の小倉に来ています。
当地に本社を構えて百年以上が経つTOTO社を訪問し、同社が取り組むCSR活動を中心にお話を伺いました。
その後TOTO museumを視察し、トイレの変遷から見る生活様式の移り変わり等を学びました。
1927年に同社が初めて商品化した腰掛式の便器は、写真にあるように和式ではなく洋式です。これは外国を見て学んだ創業者が、見よう見まねで製作したためだとのことですが、当時にしては便座の位置が高すぎて、日本人では足が届かなかったそうです。
その後機器も改良が進み、最新の節水型は1回の水道使用量が3,8リットルに押さえられ、初期の頃の20リットルと比べ格段に進歩しています。

それにしても人口約95万人と、仙台よりも少ない北九州市に、TOTOはじめゼンリン、安川電機、第一交通等の日本を代表する会社があることに驚きました。

1月26日 牽引


今日は岩沼市長菊地ひろお氏の新春の集いに参加し、公明党を代表してお祝いを述べさせて戴きました。
震災復興の先頭を走る岩沼市は、空の玄関仙台空港を擁する東北のゲートウェイですので、これからの発展が期待できる地域です。
菊地市長の手腕が発揮されることでしょう。

1月25日 ご挨拶


今朝は国道の交差点で朝の街頭あいさつを小野寺、佐々木両仙台市議と。
凛とした冬の朝は身も心も引き締まりますね。今日も1日頑張っていきましょう!

1月23日 頑張れヨシオちゃん


大河原町の党員会に伺いました。
町議の高橋芳男さんは、皆さんから「ヨシオちゃん」の愛称で親しまれている愛すべき議員。
ヨシオ議員、今年もバリバリと頑張ってくださいね!

1月21日 最高の勝ち方


昨日行われた富谷市長選挙で、2期目の当選を無投票で果たされた若生裕俊さん。
先ほど我が会派の控え室に当選の挨拶に来られました。
政策立案のアイディアに優れ、かつ実行力にも秀でた素晴らしい若生市長。2期目のご活躍をご期待しております!

1月20日 あちらこちらで



今日は各地の町内会総会や新年会、山形県人会に伺い、沢山の方々と懇談させて頂きました。
地域の課題や要望などについて、いくつかの宿題も頂いて参りましたので、今後対応して参りたいと思います。
最後は後援会の役員新年会でやっとこ発散! 旨い酒を戴きました。m(_ _)m

1月19日 実現へ


地元紙に紹介されている通り、宮城県は地域防災計画を一部修正して、災害時派遣医療チーム(通称DMAT /Disaster Medical Assistance Team)の福祉版を創設することになりました。

私は平成24年2月の一般質問において、東日本大震災を教訓にして、介護福祉士や社会福祉士さん、ヘルパーさんなどでチームを編成し、DMATの福祉版、仮称DCAT(Desaster Care Assistance Team)の創設を訴えていました。
その後も所管の委員会で必要性を唱えて参りましたが、今般具現化していくことになり嬉しく思います。
DCATは避難所等において、高齢者や障がい者、支援を必要とする方に対しサポートする任務を担います。

1月17日 帰る港


母校 仙台育英学園高校の同窓会役員会&新年会に参加。
大先輩や同級生、後輩の皆さんと思出話や近況報告に花が咲きました。
加藤校長先生と記念の一枚を撮りつつ、様々なご指導を頂くことができ、とても充実した時間を過ごすことができました。
育英出身の県議は現在3人で町長も1人輩出しています。

1月15日 開幕


今日は公明党宮城県本部の新春賀詞交歓会を開催。県知事はじめ県内の市長村長や自民党の国会議員の皆様。県議会・市町村議会の先生方。また県内の各種団体の代表者の皆様など、約1300名の方々に参加頂き盛大に催すことができました。
7月に行われる参議院選挙の候補者、若松かねしげ氏から力強い抱負が述べられ、地方選を戦う公認候補者も併せて紹介させて頂きました。
私も5期目の公認を頂き、山口代表とツーショットに収まりました。

1月14日 呼吸を合わせて


地元を流れる七北田川の護岸が、一部破損しているので視て欲しいとの相談を受け、目視点検しながら河川敷を歩いてきました。
冬の使者が歓迎してくれました。
水から飛び立つときは横一列に並んで、鳴き声でリズムを合わせながら飛ぶんですね。

1月13日 飲んでいます 薬を


宮城県薬剤師会の新年祝賀会に参加して参りました。
「医薬分業という時代にあって、薬剤師の皆さんが地域で求められている役割は多様化しており、ニーズに対応していく必要がある」と、意見を交わした先生方が話しておられました。
薬剤師会の応援団としてお役にたっていきたいと、改めて強く思いました。
佐藤県議会議長と薬剤師会の佐々木会長を囲んで。

1月12日 政治やスポーツや


午前中は富谷市の若生ひろとし市長後援会の総決起大会へ。
公明党としての推薦を去る10日に決定しましたので、壇上で通知書の伝達をさせて頂きました。私としても若生市長の再選に向けてしっかりと頑張って参ります。
午後は地域の会合に顔を出してご挨拶しつつ、先程まで東北ソフトテニス連盟の理事会&新年会に出席し、競技の発展や底辺の拡大などについて意見を交わしておりました。
これから地域の会合をハシゴしてお話して参ります。

1月11日 決意の


今日の地元紙・地方版や公明新聞に報じられました通り、宮城県議選と仙台市議選の公認発表がありました。
今朝はさっそく仙台駅東口で小野寺、佐々木両仙台市議と公認発表のご報告を兼ねてご挨拶。
県政課題を一つ一つ解決すべく、仕事に取り組んでいく決意です。

1月6日 各地でも


地域の新年祝賀会が賑やかに開かれています。今日は燕沢連合町内会と鶴ヶ谷連合町内会に伺い、参加された皆さんと懇談し有意義な語らいができました。
80代の先輩、何でそんなにお酒が強いんですか!?

1月5日 祝賀の舞い


今日は早朝から仙台中央卸売市場の業務開始式・初せりに出席し、終了後は地域の新年会に伺い沢山の 方と語り合い、ご要望などもお聞かせ頂くことができました。
その後顧問を務める日本舞踊「暁流」の新年会に駆けつけお祝いを申し上げましたが、いつものように強制的にカラオケのご指名が。
BEGINの歌で失礼しました。(汗)

家元と記念の一枚を。

1月4日 人 ひと ヒト


仙台市と仙台商工会議所が主催する「新年のつどい」が開催。
大変多くの方々が出席され、熱気と勢いある新年のスタートでした。
鎌田会頭の挨拶です。

1月3日 新春を歓ぶ


地域の新年会が始まりました。
今年の行事は「平成最後の…」
が決まり文句になりそうですが、1回の会合や出会いを大事にしながら過ごしたいと思います。
お天気に恵まれたお正月。仙台の繁華街は例年以上の人出で賑わっているように感じます。

1月13日 新春を歓ぶ


新年明けましておめでとうございます!
昨年中は何かとお世話になりまして、心より感謝と御礼を申し上げます。
この2019年は各地で地方選挙が行われると共に、夏には参院選が施行されるとても重要な一年です。
これまで以上に地域課題を掘り起こし、その解決や改善にしっかり取り組んでいくことに加え、仙台・宮城の発展を商工観光面や第一次産業の振興を通じ、自分なりにお役に立っていきたいと思っています。

皆様のさらなるご指導、ご支援を何卒よろしくお願いいたします。
新年の行事が終わって、小野寺としひろ、佐々木真由美両仙台市議と決意の一枚を。










庄子賢一メルマガはこちらから。

庄子賢一後援会事務所
〒983-0821
宮城県仙台市宮城野区
岩切字水分37-14
電話&Fax 022-255-9636
gk-miyagi005@bz01.plala.or.jp